美容外科に行って見た目も内面も美しくチェンジしよう

美しい鼻を手に入れる

女性

日本人をはじめアジア系の人は、欧米系の人に比べて顔の凹凸がないことが特徴として挙げられます。彫りが浅いため、顔のインパクトが薄いともいえます。もちろん、女性であればメイクを施してインパクトのある顔を目指すこともできるでしょう。シャドーを駆使して、陰影をつけていくのです。また、二重のりやテープを使って二重まぶたをつくることもできます。しかし、メイクをしても構造的に難しい部位があります。それが鼻です。ノーズシャドーやハイライトでメイクすればある程度は鼻の印象を変えることは可能です。ただ、それも限度があるでしょう。骨格の問題になるため、どうしても高さを変えることはできないのです。鼻の高低だけではなく、小鼻の形や鼻の大きさ、長さなど、人によってコンプレックスも異なります。そうした悩みを解消したいのであれば、美容外科の力を借りることで解決することができるでしょう。福岡の美容外科はレベルも高く、希望の治療を受けることができるはずです。

では、福岡の美容外科で鼻の整形手術を検討するときに気をつけたいポイントとは何でしょうか。まず、鼻を整形するメリットだけではなく、デメリットの両方の観点から、治療やリスクのことを知っていくことが重要です。たとえば、鼻の高さを出す治療として、プロテーゼを入れることが定番の施術としてあります。このプロテーゼは医療用の素材という意味で、実際はシリコンなどが入っていますが、異物であることは間違いないです。人体には無害でありますが、異物であるため万が一のときには、ズレたり、飛び出してしまう可能性もゼロではないことを認識しておきましょう。さらに、年月が経つとプロテーゼを出して入れ替える必要も出てきます。これは、体内に異物があるとそれを包み込もうとする作用が働くため石灰化という現象が起こって、プロテーゼに問題が生じる可能性があるためです。プロテーゼは半永久的で、メンテナンスが不要というイメージをもつ人も多いですが、注意が必要といえるでしょう。

プロテーゼのほかには、ヒアルロン酸を注入して形をつくるプチ整形もあります。切開する必要がなく福岡の美容外科でも人気が高くなっている施術です。鼻の付け根を高くしたい場合や、鼻先だけをツンと尖らせたい場合など、患者のリクエストに沿った最適な整形を気軽に行なうことが可能です。福岡の美容外科に行った際には、まずカウンセリングで、どのような鼻になりたいのかイメージを伝えて、ニーズに合った治療を模索していきましょう。

To Top