美容外科に行って見た目も内面も美しくチェンジしよう

スッキリした印象に

診察

シュッと引き締まった顎に憧れる人は多いでしょう。顎が小さく尖っていれば、小顔効果もバツグンですし、華奢なイメージを与えることができるからです。また、フェイスラインもスッキリ見えて、美人度がアップするはずです。そこで表情筋や首周りの筋肉を鍛えるトレーニングをしたり、小顔マッサージを受けるケースも増えています。実は、物を食べるときによく咀嚼して食べることが、小顔をつくる上では重要なポイントになります。最近では硬い物を食べる機会も減って、物をよく噛まなくなっているといわれています。そのため、顎の発達が未熟になり、悩みを抱える人が増えているという指摘もあるのです。さらに、姿勢が悪いことも首周りの筋肉のゆるみに繋がります。日常的にできる取り組みとしては、咀嚼と姿勢に気をつけることです。意識的に噛む回数を増やすことは、消化にも良いですし、毎日無理なく続けることができるはずです。そして、姿勢の良さをキープすることも、インナーマッスルを鍛えてダイエットや健康にも効果が見られるため、是非意識して取り組んでいくようにしたいものです。地道に努力していくことで、理想のフェイスラインも実現していくといえるでしょう。

しかし、こうした取り組みは、根気よく続けていくことで初めて効果を発揮するものです。即効性に欠けるところは否めません。毎日の取り組みプラスアルファで、より早く効果を実感したいのであれば、美容外科での治療がおすすめになります。福岡の美容外科には、顎やフェイスラインを整える最適なメニューがあります。痛みもなく、すぐに効果がある施術を選べば、手軽に理想の顔に近づくことができます。顔にメスを入れることに抵抗がある人は、注射を選ぶことも可能です。福岡の美容外科でも注射の小顔メニューを選ぶケースが増加しています。脂肪を溶解する薬剤を注入する治療で、落ちにくい顔の余分な脂肪を減らすことができます。福岡の美容外科で受けられる最新の脂肪溶解注射であれば、リバウンドや腫れといったリスクも少なく安全に理想的なフェイスラインをつくることができるはずです。

顔をスッキリとした印象にさせることで人気の脂肪溶解注射は、患者によって施術の回数が異なってきます。福岡の美容外科では、平均すると3、4回の治療で満足できる効果になるといいます。脂肪がたくさんついている人であれば、5回以上の施術もありますし、脂肪がそれほどついていない人であれば、たった1回の施術でも効果があります。個人差があるため、顔についている脂肪の量を見てもらい、どれくらいスッキリさせたいかを医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

To Top